シフォンケーキチョコチップシフォンケーキ

  • チョコチップシフォンケーキ

チョコチップ味のシフォンケーキです。
フワフワの生地にチョコチップをたくさん入れています。
お子様に大人気のシフォンケーキです。

プレーン生地にチョコチップ

フワフワのプレーン生地にチョコチップを入れて焼き上げています。

チョコチップの量と大きさ、プレーンとの相性とバランスが絶妙でお互いの美味しさを引き立てあったシフォン。お子様に大人気のシフォンケーキです。

チョコレートに豊富に含まれる栄養成分をまとめました。
各栄養成分に期待できる効果と併せてご紹介します。

【カカオポリフェノール】…肌老化、動脈硬化の予防に◎
カカオポリフェノールは、カカオを主原料とするチョコレートの代表的な栄養成分。チョコレートの苦味や渋味はこのカカオポリフェノールによるもので、ハイカカオチョコレートのようにカカオの含有量が多いほど苦味も強くなります。

高い抗酸化作用を持つポリフェノールは体内の酸化を抑えてくれるため、

・肌老化の防止
・動脈硬化の予防
・アレルギーの改善
・精神安定、リラックス

【食物繊維】…便通を促進
カカオには、食物繊維の一種であるリグニンも豊富に含まれています。リグニンには、腸のぜん動運動を活性化する働きが期待できるため、

・腸内環境を整える
・便通を良くする

【テオブロミン】…脂肪蓄積抑制
テオブロミンとはチョコレートの苦味成分で、カカオはテオブロミンを含む数少ない食品といわれています。
テオブロミンには、血流アップや覚醒・興奮を促す作用があるため、

・脂肪の蓄積を防ぎ、体重増加を抑える

【脂肪酸】…体脂肪として蓄えられにくい
チョコレートの主原料、カカオ豆の脂肪分を構成する主な脂肪酸は、ステアリン酸、オレイン酸、パルミチン酸の3種類。いずれも良質な脂質で、中でも多いのはステアリン酸です。
ステアリン酸は、体内に吸収されにくい性質を持っているため、エネルギー源になりにくい=体脂肪として蓄えられにくくなります。

チョコレートは適量を守って楽しもう
チョコレートはただおいしいだけでなく、健康的なメリットも期待できることがわかりました。ただし、「食べすぎ」は健康リスクにつながる可能性もありますので、食べるときは摂取量に注意しましょう。

※1つ1つ手作りのため、形・大きさ・焼き色など異なります。

保存方法:要冷蔵10℃以下で保存
消費期限:到着後4日程度

原材料に含まれるアレルギー物質
小麦・乳・卵

よく合う飲み物

牛乳

スタッフの声・お客様の声

安定の美味しいさ。

子どもに一番人気のシフォンケーキです。

チョコチップシフォンケーキ (chiffon-013)

チョコチップシフォンケーキ
定価(税込)
¥280
販売価格(税込)
¥280
在庫状態 : 在庫有り
数量